はじめに




こちらは個人の運営するよろず二次創作ブログサイトです。( オリジナルもあり )

当ブログは個人のファンページであり 原作・実在の団体等とは一切関係ありません。

作品は 脈絡なく増えたり減ったりします。「ネコきのこ」と似ている絵を「きのこねこ」と名乗り オリジナルの絵として載せさせていただきます。

詳しいことは カテゴリ きのこねこについて に書いてあります。

婚活ドドド は 三芳すずみの婚活体験を描いた作品です。

日常トトト は 三芳すずみの日常を描いた作品です。

吉継と小石 は 歴史二次創作作品です。

戦国武将 大谷吉継さんと妻の小石さんのことを描いていきます。他の歴史上の人物の作品も描きます。妻 小石さんの名前は 歴史街道編集部 編 大谷吉継 を読み決めました。

実際 小石という名前だったかは 正確には分かっていないそうです。吉継と小石は 現代風に描いたりファンタジー要素がある漫画を描いたりします。歴史上の人物や団体と同じ名前を使用します。名前を少し変えたりもします。

歴史のイメージが壊れるのが嫌と思う方は閲覧をご遠慮いただけるとありがたいです。


当ブログ内の画像・文章等の加工・二次配布・無断転載はご遠慮ください。

男女 C P 中心ですが、同性愛など同人要素のある描写を警告なしに展示してあります。

全ての作品を ご理解とご了承頂けた上での 閲覧 をお願いします。


何か (感想・リンク切れ・誤字脱字等) ありましたら「拍手ボタン」からメッセージを送ってください。リンクに貼ってある「 戦国BASARA 同人ゲーム 」は 三芳すずみ の別 ペンネーム カッカ山 で作成したゲームです。誰でも簡単に作れるゲームです。興味がある方は作ってみてください。


管理人:三芳すずみ(みよしすずみ)

ブログの名前:焼き芋とお茶

当ブログサイトはリンクフリーです。

報告不要です。 http://0220tankiri.blog82.fc2.com/


バナー画像


バナー画像は上に載せてある真ん中の画像です。


バナー画像を作成の為に ご利用させていただいたサイト様は

こちら ⇒  http://www.bannerkoubou.com/





ブログ開設日 2010年2月20日







スポンサーサイト

地獄に行くような顔




最近 pixiv を見るようになりました。

昔 pixiv に作品を投稿して自分の勘違いから周囲に嫌な思いをさせたし、自分も嫌な思いをしたので pixiv は見ないようにしていたのですが pixiv から私宛にお知らせメールなどが送られてきたので見るようになりました。

pixiv を見るのは久しぶりだったのでどう見るのかすっかり忘れていました。もし、漫画など投稿するとしたらすっかり忘れているから時間がかかりそうです。

今、私は婚活中です。

このブログに最近、婚活体験漫画は載せてませんがちゃんと婚活してます。ちょっと前にお見合いパーティーに行ってきました。すごい疲れたし、嫌なことも言われました。

自分はくじ運が悪いかもしれない 

と思うような出来事もありました。

詳しいことは婚活体験漫画で描きますね。色々描きたいことが多くて時間がかかりそうです。このブログに婚活体験漫画を載せたら閲覧していただけると嬉しいです。

そのちょっと前のお見合いパーティーでとても疲れましたので気分転換に京都に旅行に行こうかと思います。何故、京都かというとお世話になっている方に京都旅行に誘われたからです。

気心の知れた方と旅行

すごく楽しみです 

京都に行くのは久しぶりです。周囲に旅行に行くと言ったら「婚活の話をしている時は地獄に行くような顔してるのに旅行の話だと笑うのね。すずみは疲れてるわ、旅行楽しんできてね」と言われました。

最近よく言われることは

婚活の話をしている時 すずみの顔

今から地獄に行くような顔をしている 

と言われます。

一体どんな顔をしてるんでしょう。

結婚したいとは思いますけどこれ以上婚活を続けてまで結婚したいのか?正直に言いますと分かりません。今年は婚活、頑張ります。その後 自分がどうして生きたいかよく考えます。

自分が老人になって困らない生活ができるようにどうすればいいのか今からちゃんとしていきたいです。婚活や恋愛や人間関係や色々大変だけど頑張っていくしかないですね!





2017年9月16日に拍手を押してくださった方ありがとうございます。

閲覧ありがとうございます。





下の続きを読むは2017年9月16日に拍手を押してくださった方にメッセージ返信です。




続きを読む

関ヶ原




2013年6月頃に関ヶ原旅行に行った時の写真です。


関ヶ原


関ヶ原


関ヶ原


上に載せてある写真は 関ヶ原駅、関ヶ原古戦場、関ヶ原ウォーランドです。

旅行に行った時は とても良い天気でした。


関ヶ原


上に載せてある絵は 大谷吉継さんの陣跡 近くの絵を描きました。

この場所を見つければ大谷吉継さんの陣跡はすぐです。

写真で撮ったのですが民家も一緒に写っていたので私が描いた絵を載せました。

9月15日は関ヶ原の戦いがあった日です。

関ヶ原に観光に行く場合 初めに 関ケ原町歴史民俗資料館 に行くことをおススメします。私が旅行に行った時 関ケ原町歴史民俗資料館で陣跡の地図などをもらいました。その地図を頼りに大谷吉継さんのお墓にたどり着くことができました。大谷吉継さんと湯浅五助さんのお墓参りができて感動しました。本当にたどり着けて良かったです。

大谷吉継さんと湯浅五助さんのお墓参りに行きたい方 昼間に行くことをおススメします。

山道なので夜に行くと危険です。





写真と文章は削除して手直しをして再度載せました。

2017年9月11日に拍手を押してくださった方ありがとうございます。

閲覧ありがとうございます。





下の続きを読むは2017年9月11日に拍手を押してくださった方にメッセージ返信です。




続きを読む

いつかは出会うはず




2017年 9月11日に 探しているものは探していない時に出会う というタイトルの文章を書きました。昔 読んだことがある漫画が探していない時に見つかったという文章を書きました。

私の記憶に内容は覚えているけどタイトルが何か作者名が誰か分からない作品があります。その作品は漫画ではなくて絵本です。絵本なので漫画より探すのは大変そうなので諦めています。

絵本の内容は

むかし むかし あるところに 緑が豊かな村があったと。

その村には 悪さばかりする神様がおったと。

村人達は 畑を耕したり 作物を育てたりして 働いても育てた作物を いつも 神様が一人で食って ちっとも村人達には食わせなんだと。

ある時 神様が

「嫁がほしい。村で一番美しい娘を用意しなければ村を荒らしてやる」

と、いうた。それを聞いた村人達は困りはててしもうた。

神様は 村人の様子を見て 一つの畑を荒らしてしまった。

「明日 また来る その時までに嫁を用意しておけ」

と、いうて、山奥へひっこんだ。

困りはてている村人の前に 旅をしている 大変 頭が良い賢人が現れた。村人達は賢人に悪さばかりする神様のことを話したと。

賢人は「美しい娘の人形を用意しなさい。」と、いうた。

村人は賢人が言った通り 美しい娘の人形を用意した。

次の日 神様が村へやってきた。

賢人が「神様のお嫁さんになりたいという娘があの部屋におります。しかし、娘は大変 恥ずかしがり屋です。私は娘を落ち着かせるため娘がいる部屋にいます。私が良いというまで絶対に娘がいる部屋に入ってはいけませんよ」と、いうた。

神様は「わかった」と、いうた。

しかし、神様は自分のお嫁さんの顔がどんな顔が見たくて、見たくて つい 娘がいる部屋の中をのぞいてしもうた。

すると 娘は倒れてしもうた。

神様は驚いた。

その光景を見ておった、賢人は 神様の前にいくと「だから のぞいてはいけないと言ったでしょう。娘は 神様が出てきて驚いて死んでしまいました。」と、いうた。

神様は 声をだして泣いた。

倒れた娘は 村人が用意した美しい娘の人形だった。

神様は泣きながら 美しい娘の人形を抱き 村から離れ 山奥へひっこんだ。

それ以来 神様は悪さをしなくなり 村へ二度と現れませんでした。



ここまでが 私の記憶に残っている話です。絵はアラビア風でした。確かこんな風な内容でした。「神様」が「鬼」だった気もするし「化け物」だった気もするし「天使」だった気もします。「神様」が正確に何だったか覚えてません。この話を読んで「神様」が可哀想と思ったのでここから下は私が続きみたいな文章を書きました。

ここから先は 私が考えた話



娘が死んでしまい 神様は 毎日泣いて暮らした。

そんな神様の前に賢人が現れた。

賢人が「娘を生き返らせたければ お前が悪さをした村へ行き 村人達に今まで困らせた分だけの償いをしなさい。そうすれば 娘は生き返ります」

と、いうた。

神様は「わかった」と、いうた。

神様は村へ下りて 村人達に謝った。しかし 村人達は 神様を信用できず神様を追い払った。神様は 今まで村にしてきたことを悔やんだ。

神様は村人達に 追い払われようとも 何度も村へ行き 謝り続けた、村人は 神様を追い払うのに必至になり 畑を耕すことも作物を育てることも忘れていた。おかげで 全部の畑が荒れてしもうた。

村人達は 大変 怒り その怒りを 神様へぶつけた。神様は村人達に石を投げられ 急いで逃げた。神様は悲しくて泣いた。村人達に石を投げられたことも悲しかったが今まで自分がしてきたことのせいで 村人達を苦しませてしまったことが一番 悲しかった。

悲しくて 悲しくて 涙が止まらなかった。

娘が死んだ時のように 声を出して泣いた。

すると 神様が泣いたことにより 雨が降りはじめた。

雨は 荒れた畑をなおし 畑は元に戻った。

村人達は 喜んだ。

神様は 遠くから 村人達の様子を見て笑い 自分の家の山奥へひっこんだ。

山奥へ行くと そこには 人形だった娘が動いておった。神様は喜び、娘も笑った。

その様子を 近くで賢人が見ておった。

賢人は 実は 神様よりもずっとえらい 神様だったとさ。

めでたし、めでたし



どこでもあるような感じの話になりました。でも、物語くらいハッピーエンドのほうが良いじゃない?と思ってしまうんですよね。例えば有名な人が「○○知らないか?」と言ったとしたらすぐに○○というものは分かると思います。私みたいな有名でも何でもない場合 探している作品があってもすぐには見つからないでしょう。

でも 生きていればいつか見つかると思います。見つけた時「見つけた!」と喜ぶことを想像したら楽しくなります。案外 図書館などに行ったらすぐに見つかる作品かもしれないし、このブログを偶然、読んだ方が教えてくれるかもしれません。世の中どうなるかは分からないのでそういう楽しみがあると生きていると楽しいですよね。

ここから愚痴ですが 現実では私の生活は全然、充実してません。自分自身のせいなのは分かっています。少し前に今、入会している結婚相談所のアドバイザーさんに「結婚相談所を退会したらどうですか?」と言われてすごくショックでした。結婚相談所のアドバイザーにそう言われてしまうって「あなたは結婚できません」と言われたと感じて仕方がない。そう感じたのなら勝手にいじけるのも自分の勝手だし、この野郎!結婚できるわ!してやるわ!と怒ってやる気出すのも自分の勝手。「大人」という者になると自分で全部決めないといけない。

さて、ショックを受けている場合でもなく何とかしないといけません。

前向きにってどうすればいいのやら。

長年の付き合いがあった友人とは仲違いしてしまうし、仕事ではお客様からクレームをもらうし、人の目を見ることができなくなっているし、どうしようか。

いっそ 結婚するの諦めた~ときっぱり、さっぱり言えるようになったらどんなに素敵なんでしょう。結婚できればいいというのならそれだけでしたらきっと結婚はできたとは思います。ただ、結婚しておじいちゃん、おばあちゃんになっても笑っていられる人と結婚したいです。私は夢を見すぎなのでしょうかね。

就職活動も大変だったな。今の仕事 よく周囲から馬鹿にされるようなこと言われたけど頑張って就職したな。ある程度「大人」になったら本当に自由で人様に迷惑をかけなければどう生きようが自由。自由って楽しいことばかりではなくて一緒に苦楽を共にしてくれる人もいなくて孤独も感じるようになる。それでも生きていかないといけないから人生って大変。

私の婚活は私がこのままいじけていれば結婚は無理でしょう。

結婚できなくても「生きていて楽しい!」と思うように生きれるようにしたいです。

この文章を書いていて いつか「見つけた!」と喜ぶことができるそういう楽しみが私の人生にはあるんだと思ったら何だか嬉しくなりました。世の中 私が知らない面白い絵本や小説や漫画などたくさんあるだろうし それを探して見つけたらこのブログで紹介するのも楽しそうです。人生 大変だけど 自分の楽しみを見つけて生きていくしかないですね。





閲覧ありがとうございます。







探しているものは探していない時に出会う




探しているものは探していない時に出会う そう思う出来事がありました。

昔 週刊少年ジャンプを読んで記憶に残っている漫画がありました。

自分の記憶を頼りに書くので内容は違っているところが多いと思います。

漫画の内容は

小さい頃 川に溺れそうになった女の子が父親に助けられて助かったが父親が代わりに命を落としてしまう。年月が過ぎ女の子は成長したが母親は父が亡くなったショックから女の子につらくあたるようになる。母は見るからにろくでなし男と付き合っていた。

女の子は自分のせいで父が亡くなった負い目からか学校でも家庭でも人とうまく接することができず、酷い目にあっていた。

そんな女の子の唯一の救いはバイト先の骨董屋だった。バイト先の仲間は女の子に優しかった。女の子はバイト先の一人の男性に憧れを抱いていた。バイト先の男性が謎の壺を取り出して女の子に見せる。

その壺に血を入れると何でも願いが叶うと男性が言う。

その壺を見た女の子は

「願いを叶えてあげる」 

と不気味な声が壺から聞こえる。

女の子は壺がしゃべったと周囲に言うが周囲は何も聞こえなかったと言う。

不思議に思う女の子。

女の子は不思議な壺のことが頭にずっと残っていた。

家に帰ると母とろくでなし男が骨董屋のバイトを辞めてもっと稼げるところで稼げと言ってくる。女の子は嫌がるが母に逆らうことができず、うなづく。

バイト先に行き、女の子はバイトを辞めると言うと憧れていた男性がバイトを辞めるなら思い出にデートしないかと誘われる。女の子は 心底 喜び デートに行くことにするが恰好が制服のままだったので家に帰って着替えてくることにした。

男性は女の子に この場所でこの時間に待ち合わせと約束した。女の子は急いで家に帰った。

家に帰ると母はいなくてその代わりにろくでなし男がいた。

女の子は嫌な感じがしたが家に入り着替えているとろくでなし男が女の子の部屋に入ってくる

「オレぁ… ストリップが好きでね ぐへへ…」

と言ってきて女の子にストリップを無理やりさせる。女の子は男の前でストリップさせられたショックと家庭と学校、何もかも嫌になってしまった。

何も考えず 家を飛び出すとバイト先で見た不思議な壺の存在を思い出す。

女の子は憧れの男性との約束を放り出してバイト先に行き不思議な壺を盗んでしまう。

その壺を盗んで墓地で手首を切って壺に血を入れるとその壺からこの世の者とは思えないほどの美女が出てきた。その美女は願いを叶えてやるというが女の子は手首を切ったため血が足りなくなり倒れてしまう。

女の子が倒れて美女は墓に眠っている死者をゾンビを蘇らせた。

町は大混乱

地獄絵図 

女の子が倒れていると女の子の憧れの男性が来て女の子の怪我を手当てをする。女の子は憧れの男性に事情を説明する。

男性は「あの壺から出てきた美女は悪魔だ!この世を滅ぼす。よし、俺が倒す。君は生き残れ」

と言い、車に乗り込み美女に車ごと突っ込み車が大爆発。

女の子は悲しみ、泣いていると美女が現れ

「願いを叶えてやろう。壺の外に出してくれた礼だ。もっとも車で突っ込んできた男を生き返らせろというなら動く死体だがな」と言う。

女の子は過去に戻してという 

女の子は小さい頃自分が川に溺れそうになった場所に行き川に溺れそうになる前に過去の自分を助けた。女の子は過去の幼い自分に

「川に近づいちゃだめだよ」という。

昔の自分がお礼を言って父の元へ駆けていった。

その様子を見ていた美女が

「過去の自分を助けて何になる」

と笑いながら女の子を殺そうとするが美女の体がボロボロと崩れていく。

女の子が

「私が昔、川に溺れなければお父さんは死ななかった!お父さんが死ななければお母さんはろくでなし男と付き合うこともなかった!私は絶望してあんたを蘇らせることもなかった!あんたなんかこの壺の中に戻っちゃえ!!!」

と言い美女は壺に戻り女の子は川で溺れる前の自分になった。

過去の出来事が変わったことにより女の子の人生は大きく変わった。

女の子は元々明るい性格だったようで学校でいじめられているクラスメイトを助けていた。バイト先の骨董屋に行きバイト先の憧れの男性と楽しそうに話していた。バイト先で願いが叶うという壺を見せられるが今の女の子には何も声が聞こえない。女の子は壺を見てロマンチック!と騒ぐが男性はその壺を見て女の子に

「開けてはいけないパンドラの箱だったらどうする?」

というような台詞をいって漫画は終わり。

昔の記憶を頼りにざっと内容を書いてみた。

内容も台詞も自分の記憶を頼りに書いたのでほとんど違っている可能性は高いです。上に載せてある漫画の内容がどうしたかというと絵や漫画の内容は覚えているのだけど漫画のタイトル、作者名を何も覚えていなかった。

記憶を頼りにパソコンで検索しても見つからない。

ストリップが好きでね…ぐへへ

という台詞が今でも記憶に残っている。あのろくでなし男は少年誌だったからストリップですんだわけで青年誌だったらもっと酷いことになっていたと思う。女の子が絶望に打ち勝つ漫画は読んでいてハラハラドキドキして面白かった!もう一度読みたいと思っても内容と絵だけ覚えていてもどうにもならないものだ。

その漫画のことずっと記憶に残っていたけど探す手立てがないから諦めていた。

ちょっと前にパソコンで通販でもしようかとアマゾンで検索をしていた。検索していたら光原伸先生が描いた「アウターゾーン」という漫画を偶然、見つける。

その漫画を見てものすごく驚いた。

その絵は昔、読んだ漫画の絵と同じだった 

アマゾンで「アウターゾーン」を試し読みができるので読んだら「この内容 間違いない!昔、読んだ漫画を描いた人はこの先生だ!」と思いました。

それから アマゾンで光原伸先生の作品を検索したら「サランドラの壺」という作品を見つけた。その漫画コミックスの表紙を見て私は画面に向かって「見つけた」と言いました。

探してる時は見つからなくて探していない時は見つかるのは不思議でものです。

「サランドラの壺」は漫画は手に入らなかったので今はまだちゃんと読んでません。代わりに「アウターゾーン」は購入できたので読んでます。光原伸先生の作品は面白いです。

私は 週刊少年ジャンプで連載されている時「アウターゾーン」を読んだことはありませんでした。私には兄がいるのですが兄は「アウターゾーン」を読んだことがあり 私が「アウターゾーン」を購入したことを知るとものすごく喜んでました。

兄は「ミザリィが好きだったよ!うわー!懐かしい!ジャンプで連載していたけど他の作品と比べて異色の作品だと思っていたんだよ~!」と喜んで「アウターゾーン」を読んでいました。ミザリィとは「アウターゾーン」に登場するキャラです。ミザリィみたいなセクシーな女性はやはり印象に残るみたいです。

「アウターゾーン」はジャンプでは異色作品だったらしいですね。

しかし 探している時は見つからないのに探してない時に見つかるとは不思議なものです。人との出会いもそうなのかな。今はうまくいかなくても何とかなるといいな。



2017年9月10日に拍手を押してくださった方ありがとうございます。

閲覧ありがとうございます。





下の続きを読むは2017年9月10日に拍手を押してくださった方にメッセージ返信です。




続きを読む

感想を言われて驚き




ここから下の文章で 私が入会している結婚相談所と結婚相談所のアドバイザーに対して罵詈雑言を書きました。誤解しないでほしいので前もって書いておきますが 私が入会している結婚相談所が悪いわけではありません。私個人の気持ちの問題です。私が入会している結婚相談所は自分自身が頑張れば異性と出会えるしっかりした結婚相談所です。

数日前のブログに

私が入会してる結婚相談所のアドバイザーさんから

「三芳さん 結婚相談所を退会したらどうですか?」

と言われたショックからこのブログの「拍手」を全然チェックしてませんでした。

2017年8月30日に「拍手」コメントしてくれた方、返信が遅くなってすみませんでした。

そして「拍手」コメントチェックしてなかったために私の兄が私のブログの「拍手」にコメントしていたことを見逃してました。見逃していたせいで兄が私のブログを見ていたことに気付かなった!今日、仕事から帰ってきたら兄がいきなり「面白いじゃん、あの文章」と言いました。

「は?文章?何を言っているんだ?兄よ」

と言いましたら

「すずみ ブログで婚活のこと書いているだろ?「拍手」コメントしたよ、面白かったぜ」

と、兄が言うではありませんか。

すごく驚きました。兄には私はブログやっているとは言ってましたが兄は私のブログを読むはずがないと思っていたのですよ。現にブログをやって7年ぐらい月日が流れましたけど兄から「面白かったよ」なんて言われてこなかったですし。

仕事から帰ってきたばかりでしたので衝撃的でした。

兄が言うには漫画より文章のほうが良かったらしく、小説でも書いてみたら?とお世辞にも言ってくれました。あと、兄が私のブログを読んで私のことが心配になったそうです…。何か申し訳なかったです。

どうせ結婚相談所やめるなら アドバイザー代えてもらいなよ 

と兄が言ってくれました。

確かにもう代えてもらおうか。以前 アドバイザーを代えてと言ったのはメールでしたので今度は私が入会している結婚相談所に直に言おうかと思います。アドバイザーさんが人によっては合う、合わないというのがあるのでお金を払っているのだからもう少しアドバイザーさんを代えやすくしてほしいです。切実な願いです。

高いお金払っているのだからもう少し接しやすくしてほしい。あと、上の文章では「結婚相談所を退会したらどうですか?」という台詞になっていますが実際に言われた言葉は

「結婚相談所 卒業 しませんか?」でした。

その言葉を聞いて私は

「卒業って何ですか?」と思わず言いました。

するとアドバイザーさんが「卒業ということは退会ということです」とサラリと言いました。

その言葉を聞いて

言いやがったな!? 

言葉使い汚くてすみません。

うん、でもね。あの時は「言いやがったな!?」という言葉が出てきた。

腹が立って仕方がなかった。実際 アドバイザーさんに文句を言えればどんなにスッキリしたんでしょう。「言いやがったな!?」は私の心の中で思うだけでした。

卒業ってアイドルの卒業みたいに綺麗な言葉で言えばいいと思ってる?アイドルの卒業って言っても卒業したくなくても無理やり卒業させられる子もいるって聞いたことがあるよ!?

卒業、卒業、卒業っていうけどね

そこまで綺麗な言葉じゃないと思うのよ! 

私の意見ですけどね。正直 見放されたとしか思えなくてすごく落ち込みました。

落ち込んでもいいよね!だって人間だもの。





2017年8月30日に拍手を押してくださった方ありがとうございます。

閲覧ありがとうございます。





下の続きを読むは2017年8月30日に拍手を押してくださった方にメッセージ返信です。





続きを読む

死印



ここから下の文章は PlayStation Vita版 死印 の感想です。

少しネタバレが書いてあります。

嫌な方は閲覧をご遠慮ください。















PlayStation Vita版 死印 をゲームプレイしました。

攻略 難しい! 

難しくて すぐに攻略サイトに頼りました。

章ごとに主人公と協力するキャラが違い キャラの愛着はわきませんでした。全部クリアしましたが難しすぎてクリアした喜びよりもう少し攻略のレベル下げてほしいな~と思いました。主人公と協力するキャラの選択を間違えるとすぐにバットエンド。章ごとに出てくるラスボスを救いあるエンドにしないと主人公と協力するキャラが亡くなるという嫌なエンドまでもある。

第一章 花彦くん では 協力キャラを 渡辺 萌 にしたところ 花彦くん を救わなかったために 萌ちゃんが亡くなってしまいました。ゲームプレイしていて「えー!!? 花彦くん倒したのに何で~?」と大声をだしました。

攻略サイトをよく見たら ラスボスを救わないと協力キャラ死んじゃうよ!と注意書きがあり それからずっと攻略サイトを開いたまま死印をゲームプレイしました。ゲームプレイしている時 楽しいとか怖いとかよりも攻略サイトを見ないとゲームクリアできない!難しい!という気持ちのほうが大きかったです。

第三章 くちゃら花嫁 の話はゲームプレイしていてとても悲しかったです。 悲しいと怒りがごちゃまぜになった感覚でした。くちゃら花嫁 になってしまった女性が不憫で仕方がありませんでした。話の中で くちゃら花嫁をくちゃら花嫁としてしまった奴らが当然の報いを受けたことは少しはマシでしたけど ゲームプレイしていて嫌でしたね。最後 くちゃら花嫁 を救えて良かったと思いました。天国で恋人と愛犬と幸せになってほしいです。

死印に登場するキャラ 真下悟 は カッコいいです 

初めて真下悟を見た時 主人公の相棒はこのキャラにしよう~と喜びましたが上の文章で書いてある通り章ごとで主人公と協力するキャラが違うので最後まで使えるキャラではありませんでした。真下悟が登場するのは二章まで です。

可愛い女の子キャラ 森宮すず、柏木愛 というキャラも登場します。だけど この子たちもすぐに登場しなくなります。すごく残念です。少しネタバレですが メリイも途中からいなくなるので唯一の目の保養と言えるメリイがいなくて一体どうすればいいんだ!?

ホラーにも 目の保養は大事でしょ 

と、ゲームプレイ中 何度か思いました。

第五章 観音兵の時に流れる音楽は私はすごく嫌だったので音を消してゲームプレイしました。

死印はとにかく私にとっては難しかったです。

推理ゲームが好きな方にはおススメします。

推理ゲームが好きでもホラーが苦手な方はご注意ください。

章ごとのラスボスが怖いですよ!

特に 第二章 森のシミ男 が 気持ち悪い!

ゲームプレイしていて何度か「ぎゃー!嫌だ~!」と叫んでいました。二章は協力するキャラを絶対に変えないと攻略できないので攻略サイトに感謝しました。攻略サイトなかったら絶対にクリアできませんでした。





閲覧ありがとうございます。







漫画 東京都北区赤羽 を読んで




清野とおるさんが描いた 漫画 東京都北区赤羽 を読みました。

漫画 東京都北区赤羽 という漫画があるのは知らなかったのですが 最近 私の兄が 漫画 東京都北区赤羽 全巻を買ってきて「是非とも読んでほしい!すごく面白いから!」と私に言ってきたのです。兄が漫画のコミックスを買うというのは とても珍しく私は驚きました。

兄が面白いという漫画は私にも面白いと思う作品ばかりなので

一体 どんな漫画なんだろう?

ドキドキしながら読ました。

私 ただ今 婚活中なんですけど

婚活がうまくいかなくて、悩み…どうしようとか思っていたんですけど

漫画 東京都北区赤羽 を読んだら

悩んでいるのがバカらしくなりました 

漫画 東京都北区赤羽 を読んでる時 何も考えないで読めるせいか婚活で悩むこともあるけど悩むのやめようと思いました。漫画 東京都北区赤羽 は 一言で面白いと言い表せないです。本当に現実で赤羽という町に住んでいる人々を描いているすごい漫画です。

あそこまで赤裸々に描くってすごい! 

ただ、私は 漫画 東京都北区赤羽 を読むと悩んでいることが吹き飛びましたけど下ネタが苦手という人にはおススメできない漫画です。下ネタ?といっていいのか分かりませんが 漫画 東京都北区赤羽 私の感想は下半身がよく出てるイメージがあります。

続編となる ウヒョッ!東京都北区赤羽 も読みました。清野さんが描くから赤羽の町が面白いと思えます。私が赤羽を描いても絶対ああいう風には描けませんし、きっと物凄くつまらない漫画になりそうです。

一度 読んだら 漫画 東京都北区赤羽 は 忘れることができません。

私の年齢は30代なんですけど 今まで生きてきて何も考えないで読める漫画って初めて出会いました。漫画を読んでいる時 どうしても登場するキャラに感情移入したり漫画のストーリーがどうなるんだろうとかエッセイ漫画を読んでも この人はこう頑張ったからこうやって成功したんだわ!とか読んでいる時に考える、考える。

漫画 東京都北区赤羽 は 何がどうなるかということも想像できないし、どういう人が登場するかも分からない。本当に何も考えないで読むことができます。悩みすぎて疲れちゃった方におススメの漫画です。

考えないで漫画を読むって楽しいです 

機会があれば 是非 読んでください。

漫画 東京都北区赤羽 をモチーフとしたドキュメンタリードラマ 山田孝之の東京都北区赤羽 もあります。どちらもおススメです。





閲覧ありがとうございます。







あいの結婚相談所 うらやましい




ここから下の文章で 私が入会している結婚相談所と結婚相談所のアドバイザーに対して罵詈雑言を書きました。誤解しないでほしいので前もって書いておきますが 私が入会している結婚相談所が悪いわけではありません。私個人の気持ちの問題です。私が入会している結婚相談所は自分自身が頑張れば異性と出会えるしっかりした結婚相談所です。

テレビ朝日で放送している あいの結婚相談所 を毎週見てます。

あいの結婚相談所は原作が矢樹純さんで作画が加藤山羊さんの漫画が原作のドラマです。あいの結婚相談所という漫画があったということは知らなかったので毎週楽しく見ています。

あいの結婚相談所の内容を簡単に説明すると 入会金200万円、会員は恋愛禁止、成婚率100パーセントを謳う風変わりな結婚相談所。入会する人たちは本当に結婚できるのか!?というような内容です。簡単に説明するとこんな感じです。もう少し細かく言うと結婚相談所のアドバイザーも風変りだし、入会する男女も風変りという感じです。

面白いので興味がある方は是非!見てほしいです。私は原作の漫画は読んだことはありませんがドラマがあれだけ面白いのだから原作の漫画も絶対面白いはずです!

ドラマ あいの結婚相談所は成婚率100パーセントというだけあって成婚してます。

まぁ…200万払うんだから 成婚しないと困るよね。

成婚率 100パーセント うらやましい 

あいの結婚相談所のうらやましいことは結婚相談所の人たちが入会した人たちのために動いてくれること!結婚相談所のほうで自分の合う相手を選んでくれて その上 自分の希望条件通りの人と出会える!しかも 直接 相手と会わないでパソコンのテレビ電話で話す!遠距離でも楽だね!初対面の時は結婚相談所の人がパソコンのテレビ電話の設定もしてくれる!すごく、すごく うらやましい!ドラマ あいの結婚相談所を見るたびにうらやましい~といつも思ってます。

200万の価値ありますよ。

でも… もし、現実にあいの結婚相談所があっても入会はできません。

200万もないよ…お金。

借金すれば何とかできるけど 現実だと うさんくさくて入会はしないだろうな~

今、私は婚活中です。

でも…全然 活動していないです。

お見合いパーティーには毎月参加するようにしてます。

現実 お見合いパーティー女性の参加費が安くて助かる!でも、婚活のための本に書いてありましたが「お見合いパーティーの場合 見た目でほぼ第一印象が決まるので自分の容姿に自信がない方は出会いのチャンスほとんど無いよ☆」と書いてありました。

お見合いパーティーに参加しているとその言葉が重くのしかかります。

ほぼ 男性って若い子 好きなんだなと思います。

もちろん 世の男性ほとんどがそうだとは言いません。お見合いパーティーに参加しているとそう思うことが多いと感じるのです。婚活する前は男性のそういうところが嫌だと思っていたのですが婚活をしている今だと男性のそういうところは仕方がない、それも愛嬌と思えます。若い女性が好きな方は若い女性とお付き合いをすればいいし、私は私で年齢が若くなれるわけでもない。若づくりはできるけど。私自身を好きだと言ってくれる人を探せばいいことですしね。

でも、見た目を少しでも綺麗にしておくことは自分自身のためにも良いことだなと思います。結婚はしたいので結婚するまで婚活は続けようとは思います。でも、今 入会している結婚相談所は来年やめようと思います。

今、入会している結婚相談所のアドバイザーさんと今日、お話したんですけど

アドバイザーさんに「三芳さん 結婚相談所を退会したらどうですか?」

と言われました。本気で本当の話です。その言葉を聞いて衝撃でした。結婚相談所の人がそれを言う!?という気分でした。アドバイザーさんいわく私は婚活をしていて楽しそうでもないし、婚活は義務のように活動しているので このまま続けてもダメではないかと言うのです。そりゃあ きついな、苦しいなと思いながら続けていたけど それでも結婚したいから頑張ってきたのに 結婚相談所の人にそう言われたら 私、どうしたら良いの?と言いたいです。

よく 考えたら 私は結婚相談所に高い料金を払っているので「退会したらどうですか?」と言われることは良心的かもしれません。多分 このままだと結婚できそうにないので来年あたり

「結婚相談所に入会したけど結婚できませんでした」

というタイトルの婚活体験漫画でも描こうかしら。ははは…ははは…あ~結婚相談所に入会すれば結婚できると思っていたけど そう簡単にうまくいきませんね。

…ここからガス抜きのため

今、入会結婚相談所のアドバイザーさんに対して罵詈雑言を書きます。

退会したらどうですか?って何だよ?相談にのってほしいから話したのにどうしてそうやって突き放す言い方するんだ!?アドバイザーさんを代えてって言っても今のアドバイザーは優秀だって言って代えてくれないし!相談にのってくれているようでのってくれないし 的確なアドバイスは全然ないし アドバイザーさんと接していると嫌になります。

何時に連絡してくれっていうから連絡したのに出ないし!入会したばかりの頃は結婚相談所から連絡してくれたのに今では私から連絡しないと連絡つかないし!

1年過ぎたら態度が変わって嫌になるよね!自分一人だと何もかも分からないから頼っているのにどうして突き放すのさ!?

現実の結婚相談所の対応が冷たいと感じるこの頃です。

はぁ~ 少しはスッキリ。こうやって文句ばかり言っている時点で自分がダメだということは分かってます。アドバイザーさんに文句言う前にもっと自分を変えていかないといけません。アドバイザーさんは私のためを思ってアドバイスをしてくれているのは確かです。今、書いている文章は私自身の婚活がうまくいっていないのでアドバイザーさんに八つ当たりしていると思ってくれていいです。現実でこういうこと言える友人少なくてこのブログで発散しています。

頑張る、頑張るっていっても今、空回りしてますね。とにかく自分から行動しないといけないんですけど、よく分からない状態です。やはり 今、入会している結婚相談所はやめようと思います。契約があり、すぐにはやめられないので今年までは頑張ろうかな。

2016年から婚活をしていますが2016年より今の状態のほうが心に余裕はあります。

2016年はお金がかかるから早く結婚しないと!とにかく頑張らないと!相手が嫌いでも気持ち悪くても最低3回は会わないと!吐いてもやらないと!ぎっくり腰になってもお見合いパーティーに行かないと!

○○しないといけない! 

という感じでした。仕事も友人関係もうまくいかなくて とにかく酷かった。2017年、今年もそんなにうまくいってませんが続けていれば何とかなるさ~という感じです。やる気もっとださないといけませんが。

知り合いで10年くらい婚活して結婚した方もいます、私は何年かかるんだろう。

突然 婚活やめる!という日もくるかもしれませんし、結婚したいのよ!だから頑張るの!と何年も続けるかもしれない。

どういう気持ちになるかは自分でも分かりません。ただ、婚活をして後悔したという気持ちに今はなっていないので続けるのみです。現実の結婚相談所はあいの結婚相談所とは違って異性の情報のみ提供してくれるので どうしたらいいんだろうね?という感じですけど現実を噛みしめて続けていくしかないです。

でも ドラマ あいの結婚相談所 2017年9月頃には終わるそうです。

もっと続いてほしかったです 

婚活していて思うことは根は良い人なんだけど伝え方が不器用な人が増えていると感じます。

あと、自分自身が認めたくなかったけど自分は人嫌いなのかもしれません。

数日前に友人に「三芳は極度の人嫌いとまでいかないけどせっかくのチャンスがあるのに自分から遠ざけているように見える。人を怖がっているように見えるから人嫌いなのでは?」と言われました。その言葉を聞いた時 すぐに否定をしましたけど 友人が「婚活がうまくいっていないのはそういうことを自分で認めないせいかもよ?」と言われてよく考えたらそうなのかもしれないと思いました。

…そう思いたくなかったけど そうなのかもしれません。

今の自分自身ともう少し向き合うべきなのかもしれません。





2017年8月16日、27日に拍手を押してくださった方ありがとうございます。

閲覧ありがとうございます。








2017年8月20日




2017年8月20日





この作品は削除して手直しをして再度載せました。

閲覧ありがとうございます。